お知らせ 2020年11月10日付けのプレスリリースです。 記事へのリンク 2020年5月18日付けのプレスリリースです。 記事へのリンク 概要 打ち上げ日:2021年5月21日 打ち上げロケット:こうのとり9号機/H-IIBロケット9号機 ミッション:宇宙アバターの実証 ステータス:運用終了 開発箇所:カメラユニット、電源ユニット 開発内容 ウェルリサーチでは、avatarin株式会社が実施する「space avatar」の開発において、カメラユニットの製作と電源ユニットの開発を担当しました。 「space avatar」は、大きく分けると、カメラユニット、2軸ジンバルユニット、電源ユニット、取り付けユニットから構成されています。 まずは、カメラユニットについてです。 カメラユニットには、カメラ、カメラをコントロールするためのコンピュータ、冷却用のファンが搭載され、円柱の形をした筐体に納められています。 弊社では、この筐体の構造・熱設計と、筐体への組み込み、配線作業を担当しました。 次に、電源ユニットについてです。 電源ユニットは、電源基板と筐体で構成されています。 電源基板は、ISSより受け取った電力のノイズを極力除去し、「space avatar」へと供給する役割を持ちます。 それと同時に、「space avatar」からISSへと伝わるノイズの除去も行います。 また、万が一「space avatar」が故障した際に、ISSに故障を伝播させないための保護回路を搭載しています。 弊社では、筐体の構造設計、基板の設計、組み込み作業を担当しました。 最終的には、上記のカメラユニット、電源ユニット、市販品である2軸ジンバルユニットの組み立てた状態で、動作確認および電磁適合性試験を行い、品質に問題がないことの確認を行いました。 「space avatar」プロジェクトに携わって これまで限られた人にしか開かれていなかった宇宙が、とても身近になりつつあることを強く感じました。 この「space avatar」プロジェクトを第一歩として、一般の方々が気軽に宇宙を体験できる機会が増えていくことを楽しみにしつつ、弊社も貢献できるよう技術力を磨いていきたいと思います。

お知らせ 2020年4月23日付けのSOLISSのプレスリリースです。 記事へのリンク 2019年7月29日付けのSOLISSのプレスリリースです。 記事へのリンク 概要 打ち上げ日:2019年9月25日 打ち上げロケット:こうのとり8号機/H-IIBロケット8号機 ミッション:長距離空間光通信の実証 ステータス:運用中 開発箇所:THETAカメラの制御装置、光通信装置用2軸ジンバル機構 開発内容 弊社では、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)が共同開発した小型衛星光通信実験装置「SOLISS」において、いくつかのコンポーネントの設計・開発に携わらせていただきました。 「SOLISS」の概要は、JAXAのプレスリリース記事を参照いただければと思います。 JAXAプレスリリース 1つ目は、装置の動作状態を監視するためのモニタカメラの制御装置です。 「SOLISS」には、モニタカメラとして、全天球の撮影が可能なTHETAカメラが搭載されています。 弊社では、このTHETAカメラに撮影の指令やパラメータ調整コマンドを送り、また、撮影した動画や画像をダウンロードして保存する機能を持った装置の開発を行いました。 2つ目は、2軸ジンバル機能の開発です。 ソニーCSLが開発した光通信部は、400 kmの上空の宇宙ステーションから、地上の基地局をピンポイントに狙って光通信を行います。 安定した通信を確立し続けるためには、とても微小な動きが必要であることがわかっていただけるでしょう。 弊社では、光通信部のコンピュータから送られてくる微小な動作の指令に従って、正確に追従する2軸ジンバルの開発を行いました。 ギャラリー 弊社が開発した制御装置を用いて、THETAカメラで撮影した動画です。 マウスで画面をいろいろな方向に動かしてみてください。 全天球カメラの迫力がよく伝わってきます。

概要 打ち上げ日:2014年12月3日 打ち上げロケット:H-IIAロケット26号機 ステータス:運用中 開発箇所:小型カメラ(CAM-C, CAM-H) ギャラリー  弊社で開発した「CAM-H」で撮影された、リュウグウへの1回目のタッチダウン動画です。 CAM-C画像 (Courtesy of JAXA) CAM-H画像 (Courtesy of JAXA)

概要 打ち上げ日:2019年1月18日 打ち上げロケット:イプシロンロケット4号機 ミッション:1メートル四方の膜展開 ステータス:運用中 開発箇所:伸展機構、ステレオカメラ 開発内容 OrigamiSat-1は、東京工業大学が開発した、3Uサイズのキューブサットです。 1Uごとに機能が分けられていて、それぞれ「バス部」「伸展カメラ部」「膜展開部」と呼ばれ、この順番で各部が接続されています。 このうち弊社が開発したのは、「伸展カメラ部」です。 以下が、伸展カメラ部のフライトモデル(実際に打ち上げられるもの)の写真です(部品保護のため、一部キャップが取り付けられています)。 伸展カメラ部には大きく分けて3つの機能があり、それは「膜展開部を1メートル伸展させる機能」、「膜展開部と本体を切り離す機能」、「膜をステレオ撮影する機能」です。 まず、「膜展開部を1メートル伸展させる機能」についての説明です。 OrigamiSat-1のミッションは、1メートル四方の膜を展開することですが、その場で展開してしまうと、衛星側面に取り付けられた太陽電池パネルが膜で隠されてしまうため、衛星本体から離れたところで膜を展開させる必要があります。 また、膜とカメラの距離が近いと、1メートル四方の膜の全体を撮影するのに、とても広い視野のレンズが必要になり、画質が落ちてしまうため、できるだけカメラと膜の距離を離したい、という側面もあります。 そのため、この機能によって、衛星本体と膜展開部を1メートル離したのちに、膜展開ミッションを行います。 次に、「膜展開部と本体を切り離す機能」についてです。 OrigamiSat-1は、膜展開後は空気抵抗がとても大きくなるため、数ヶ月で地球大気圏に落ちてしまいます。 宇宙と地上間の通信は、限られた時間しか行うことができず、さらに通信速度も遅いため、数ヶ月では膜展開ミッションで取得した膨大な画像や動画データを地上にダウンリンクしきれない可能性があります。 そのため、膜展開ミッション終了後は、膜展開部を衛星本体から完全に分離します。 この機能は、上記の伸展機能の応用で、1メートル伸展した状態からさらに伸展を続けていくと、膜展開部が切り離される仕組みになっています。 切り離し後の衛星本体(バス部+伸展カメラ部)は、大気圏突入まで十年以上かかると見積もられており、衛星の寿命が尽きるまで、ゆっくりとデータをダウンリンクすることができます。 最後に、「膜をステレオ撮影する機能」についての説明です。 伸展カメラ部には、約60 mm離れた位置に2台のカメラが取り付けられています。 これは、展開後の膜の写真を2台のカメラで同時に撮影し、地上で処理することによって、膜の3D形状を測定することを目的としています。 近い将来、いろいろな機能を追加した膜を宇宙に持っていって利用しよう、という試みが行われています。 その際、展開後の膜の形状や面精度が、打ち上げ前にあらかじめわかっていれば、利用者がとても利用しやすいデバイスになります。 そのため、本機能で取得した「宇宙での膜の形状データ」は、研究者たちの手により地上でのシミュレーションデータと比較され、「宇宙で膜を展開した際の形状予測シミュレーション方法の確立」に役立てられます。 以下は、「伸展カメラ部」を組み立てた際のタイムラプス動画です。 とても速い速度で撮影していますが、実際には2日間かかっています。